ページトップへ

この時期でも分かる「住まい心地の良さ」 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

9日には関東山間部で雪が降ったとの報道がありました。

私達の住む東海地方では、朝夕の温度差はありますが、雪が降るほどの気温まで下がることはありませんでした。それでも朝夕の温度差により、体調を崩されている方が多いそうです。

今週火曜日に14年前にお世話させて頂きました小牧市M様宅へお伺いしましたところ、奥様の同窓会を数年来、自宅で開催されているとの事。

理由を聞きますと、5月のこの時期に一般のお店で長時間、食事からお茶までして楽しむ数時間の間に、部屋の自然になりうる室温の変化により体の変調を訴える友達がいたそうです。

それならば「私の家に来て」との一言で、翌年M様宅に集合したら、何時間居ても、どこへ移動しても快適な温度と空気感で、同級生全員のお気入り会場となり、年一回が二回に増えたそうです。

室内の温度差を我々は夏と冬ばかり強調していましたが、暖かくなってきたこの時期でも

室内環境による体調不良で風邪を引いたりされますので、やはり「住まい心地のいい家」をリノベーションから新築まで、ご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

2018年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー