ページトップへ

名古屋市瑞穂区G様邸断熱検査 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

先週は、名古屋市瑞穂区G様邸の断熱材施工検査を実施しました。

 

検査は断熱材の表面の傷や端部の欠けた部分は無いか、またジョイント部分や開口部廻りに貼る気密テープの付着状況や重ねの処理は適切にされているかなどを細部に渡ってチェックしましたが、特に指摘箇所はありませんでした。

 

弊社が壁に使用している断熱材(JSP社製の押出法ポリスチレンフォーム断熱材--ミラフォームラムダ)は断熱性能が高い分、非常に表面が柔らかく施工上の取り扱いには充分注意が必要ですが、外断熱工法を熟知した本田大工さんは、その心配も無く丁寧に綺麗に施工されていました。

 

今週予定している、「贈与税非課税措置に係る住宅性能証明書」発行の為の第三者機関の断熱材張り後の検査も手直しなく合格すると思います。

 

これから本格的に造作工事が始まります、手を抜かず正直に丁寧な仕事をお約束します。

 

安全かつ万全に工事を進めて行きますので、G様これからもよろしくお願い致します。

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

         (設計  坂井田環作)

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー