ページトップへ

名古屋市瑞穂区G様邸造作検査実施 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

先週の水曜日は、名古屋市瑞穂区G様邸の造作検査を実施しました

 

この検査は、隠蔽部分となる基礎配筋や躯体構造、断熱材張り検査と並び、

完成時の仕上げを左右する重要な検査と考えています。

 

検査は設計図を基に高さや寸法が図面通りに造られているか、

造りや納まりに不具合が無いか、細部に渡ってチェックします。

 

設計図では判断出来ない納まりの良し悪しは、大工さんの技量に大きく左右されます。

 

今回G様邸は本格的な茶室がある和室に始まり、水屋やタタミ敷きの待合など、納まりに苦慮するところも沢山ありましたが、現場監督の井戸課長の適切な指示や指導の基、納まりも良く考えられ、綺麗に仕上がっていました。

 

特に玄関横の飾り格子や和室の炉切りの位置、床の間、変則な仏間など手直しする箇所も無く綺麗に仕上がっていました。

熟練の本田大工さん!今回も良い仕事をしてくれました。

 

これからクロス、左官と仕上げ工事に入りますが、

きっとG様にも満足していただける仕上りになると思います、

出来栄えを見る竣工検査が楽しみです。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

         (設計  坂井田環作)

 

 

 

詳しい資料請求はコチラからです↑

 

体感ハウスの詳細はコチラです↑住み心地をご体感ください^^

 

Facebook更新しています↑

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー