ページトップへ

棚卸し | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

今週で平成28年度も終わり、新年度が始まります。

共和木材も3月末締めになります。

年度変わりでも建築部では特別な作業はありませんが、製材部の方は棚卸しがあります。

決算の為、3月31日時点での、ありとあらゆる在庫に丸太、仕掛品を全部拾い出す作業に結構手間がかかります。

しかも何故か、この拾い出しを行う時には天気が良くないことが多く、以前、季節外れの雪が降り寒い中で作業したこともありました。

また、こうして毎年、棚卸しをしてみると「一体、どれだけ前からの材木だろうか?」と思える古い桧の板なんかもあります。

材木は、保管方法を間違えなければ「悪くなったり」「腐ったり」という事がないので、いつまでも在庫になってしまうのかもしれません。

でも、それがあるので偶にある特殊な注文にも対応できたりもします。

さて1年経つのは本当に早いですが、今年も棚卸しです。

気になる天気を調べてみると「曇り」
微妙です...


「住み心地いちばん 涼温な家」
  大河内建詞

2017年07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー