ページトップへ

頼りになる柱! | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

 あちこちと迷走しながら ゆっくりと日本を通り過ぎて行った台風5号に影響を受けながらの瑞穂区のG様邸の建て方でしたが、お盆休み前に なんとか無事に屋根仕舞いまで進める事ができました。

 お盆休み明けには樹脂サッシの搬入、センターダクト部材の搬入、屋根瓦の搬入と慌ただしい現場の状況の中、今週 月曜日に坂井田専務にも手伝っていただき センターダクトの組立てを行いました。

 G様邸は平面的に東西に長いた為にセンターダクトが2本立ての仕様です。
2本立ては 私は初めての経験でしたが、組立てが完了し眺めてみると すごく存在感を感じました。
センターダクトは涼温の家のシンボルでもあり、私たちの誇る 住み心地のいい家をつくるには欠かせない役割があります。
  現場でその存在感を体感していただければ なるほどと思っていただき、頼りになる柱とも感じていただけると思います。

こんな感じです!

 造作が進むに従って だんだん見えなくなってしまうセンターダクトですが、もうしばらくの間 G様邸では見る事ができますので、一度 その存在感を体感してみてください。

 

愛知県・岐阜県の木造注文住宅
工務店が造る外断熱「涼温の家」
  (現場 井戸雅一)

 

 

 

【ただいま建築中】G様邸はコチラ

 

 

facebook更新しています!コチラからです!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー