ページトップへ

見落しがちな中間期 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

まだ5月末にもかかわらず、今日は暑くなりました。

体感ハウスがあります中津川市も外気温が30℃近くまで上がりました。

午後3時前の体感ハウスの室内は、とても快適です。

下の写真は、キッチンのカウンターに置いてあります温度計です。

次は、2階の西側に置いてあります温度計です。

若干2階の方が室温は高いですが、ほぼ変わりません。

勿論、涼温換気(24時間換気)のみで、エアコンのスイッチは入っていません。

涼温な家」では、この冬と夏の中間期によくある様な、季節外れの外気の変化(外が急に暑くなったり、寒くなったり)でも室内は、それほど急に影響を受けることはありません。

これは、「断熱」「気密」「換気」が全てがきちんと性能を発揮しているからで、どれか1つ欠けても室内の快適性は確保できません。

単純に「高気密・高断熱」だけでは、1階と2階で温度差が出たり、2階が暑くなったりと色々と問題が出たりします。

夏に涼しくて冬に暖かければ、『快適』な家とは限りません。

意外に見落しがちですが、この中間期の室内環境で、家の快適性能が解るかもしれません。


「住み心地いちばん 涼温な家
  大河内建詞

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー