ページトップへ

「もったいない空間」小屋裏 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

題目の「もったいない」という言葉を良く耳にする機会がありますが、「エコ」という意味でもあるように思うのは私だけでしょうか。 

その「もったいない空間」とは弊社が手掛けます外断熱工法木造住宅の小屋裏部分です。

ハウスメーカーやほとんどの工務店は、外断熱工法の住宅を手掛けていません。

その為、屋根の下(小屋裏)を収納として、室内と同じ環境で利用出来る空間はないと思います。 

それほど広くない敷地に、夢いっぱいのマイホームを建てても収納が少なく、仮設物置を外部に置く事になります。

しかし、外断熱工法の住宅では居室部分と同じ環境で、小屋裏に十分な収納スペースが確保できますので、衣類・書籍・雛人形など、温度差に左右されると収納出来なかった物がすべて出来ます。

但し、建築基準法で2階の床面積の二分の一以下、天井高1.4m以下と定められていますが、それでもとても有効なスペースです。固定階段設置も可能ですから、荷物の搬入、取り出しには問題ありません。

こうした空間を作ることの出来る、外断熱工法の家をぜひご検討下さい。

「百聞は一見に如かず」外断熱「共和の家」の快適さを、ご自身で体感してください。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

 

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー