共和の職人共和の職人-嶋崎 春樹/大工

共和の職人-嶋崎 春樹/大工

「あの時、諦めずに親方のところに戻ってよかったです(笑)」

 私が大工になった頃は、今のように前もって木をカットするような設備はなくて、全部手刻みでした。修業が辛くて親方のところを飛び出して、長距離の運転手をしたこともありましたっけ。それでも不思議なもので、離れてみると大工の仕事が懐かしくなってね、また舞い戻って「お願いします」。今度は真面目に最後まで修業しましたよ。

 私が願っているのは、建てた人に末永く住んでもらえること。そして自分の建てた家がずっと残ることです。だから、お施主さんから少々無理なことをやりたいと言われても、できるだけ思いを叶えられるように努力しています。そうすることでお施主さんも家に愛着が湧いて、大事にしなきゃと思ってくれるでしょうから。

 まだまだ体の続く限りはこの仕事を続けたいですね。あの時、諦めずに親方のところに戻ってよかったです(笑)

共和の職人 の

その他のスタッフ紹介

一覧へ戻る