ページトップへ

共和木材は70周年を迎えました | 注文住宅 名古屋・岐阜

私たちのこと70周年を迎えました

共和木材は70周年を迎えました

おかげさまで70周年を迎えることができました!

 

 

おかげさまで、平成29年4月、共和木材は70周年を迎えました!ありがとうございます!

お客様の立場に立った家造りに、これからも精励していきたいと思います。
皆様、どうかこれからも共和木材をを見守っていてください。お客様によって私たちは育てられ、また新たな道を切り開いていくことができます。
今後とも、ご指導の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 代表取締役社長・大河内建詞より

 

おかげ様で共和木材工業株式会社は、さる4月1日で創立70周年を迎えることができました。これもひとえにお客様を始めといたしまして、地域の皆様、お取引先各位、ご協力者の方々のご指導・ご支援の賜物と厚く感謝いたしております。弊社は、木曽谷にほど近い桧の集積地であります、ここ坂下の地で昭和22年の設立から、木曾檜・東濃桧の製材所として歩んで参りました。昭和60年以降、自社製材の良質な桧を用いての住宅建築にも取組み、現在では、製材はもちろんながら「住み心地」に重点を置いた「住む人を思う」高性能な住宅に取り組んでおります。このたび創立70年を迎えられたのは、これまで多くの方々に支えられたからこそある70年だと思っております。この70年の節目を良い機会として捉え、社員一同新たな決意で物造りの原点に立ち返り、一層の努力に励み、次の80年を目指したいと思います。今後とも、何卒ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


 

 2016年秋の叙勲で、弊社会長糸魚川行吉が旭日双光章を受章しました。
今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致します。 

 

 

旭日双光章受章祝賀会

 平成29年2月26日、弊社会長の旭日双光章受章記念祝賀会が執り行われました。盛大な祝賀会となりました。ご出席いただいた皆様、また生花や祝電を頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

 

賞状

 
会長夫妻 ステージ 会場 共和 社員 共和 共和 共和 共和
+画像はクリックして拡大できます

 

 

 

 

 

 共和木材の歩み

共和木材の歩み

祖父、そして父から受け継いだ木への思い

共和木材は昭和22年(1947)に製材会社としてスタートを切りました。その時に専務として会社設立に関っていたのが、私たちの祖父です。

岐阜から長野にかけて木曽川を中心に続く木曾谷は、昔から材木が豊富なところ。私たちの会社がある中津川坂下は、その木曾谷の玄関口として数多くの良材が集まる一大集散地でした。祖父たちは自然の恩恵を受けながら、着実に業績を上げていったのです。

やがて祖父のあとを受け継いだ父が社長になりました。私は大学を卒業後、名古屋や東京の材木問屋で4年間修業し、共和に戻りました。ところがわずか1年ほど一緒に仕事をしただけで父が亡くなってしまったのです。享年56歳。その時私は28歳でした。

 

  

 

国産材を使った家づくりを進めたい

製材という仕事はギャンブルだとよく言われます。良い木を見分ける目がないと、当然ながら良い材はとれず、大損をしてしまうことがあるからです。ですから私は木を見る目だけは鍛えてきたつもり。その自負が父亡き後も自分を支えてくれたと思っています。

それにしても私が製材業を継いだ頃と比べると、坂下町の製材業者はめっきり減ってしまいました。安価な外材に押されて国産材が売れないこともありますし、いい木を使って家を建てようとする人が減っていることも原因のひとつです。

そこで昭和60年(1985)、私は共和木材の中に建築部を設けることにしました。産地直送の木を使って、木の香も清々しい家をつくり、日本の素晴らしい木の文化を存続させるためのささやかな力になりたいと思ったのです。

幸い建築会社で働いていた弟・豊実が、私の決意を聞いて帰ってきてくれました。弟が建築部の責任者となり、私は共和の家に使う木材を厳しく選び抜く役目を担うことにしました。長年製材に関ってきた私たちは、建築をもう一つの柱とすることで、木の家の素晴らしさをより多くの人びとと共有していきたいと願っています。

 

 

木から受けた恩、ふるさとへの愛着

中津川周辺の特産・東濃檜は、私が惚れこんでいる木のひとつです。木肌の滑らかさ、艶、色、香り。どれを取っても一級品です。強さと気品を兼ね備えたこの檜で建てた家に住む喜びは格別のもの。『よくぞ日本に生まれけり』という感慨を深めてくれます。

木を扱う仕事を守りたくてスタートさせた建築部でしたが、産地直送の木で建てる共和の家に共感してくださるお客様も多く、いまでは共和木材の根幹を担う部署に成長しました。

私が常に自分自身に言い聞かせてきたのは『本業を続けるな。本業を外れるな』という言葉。自分に即して言えば、「製材業だけに固執するな。かと言って全く違う仕事には手を出すな」という意味だと受けとめています。

改革を恐れてはいけない、しかしそれはあくまでも地に足のついたものでなくてはならない。これからの共和を担う若い人たちにもかみしめてほしい言葉です。

そしてもうひとつ大切なのは"地域のために"という気持ち。私たちを培ってきたのは紛れもなくこのふるさとですし、ふるさとは森の恩恵なしでは成り立たない土地柄。森に育てられてきた工務店として、私たちはこれからも地道に着実に、木の文化の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

 

 

兄・糸魚川行吉が語る

弟・糸魚川豊実が語る

社長・大河内建詞が語る

共和の兄弟

 

共和の家を体感できます!コチラです↑

まずは資料請求から!コチラです↑

共和のイベントはコチラです↑