ページトップへ

こちら製材部です | 注文住宅 名古屋・岐阜

私たちのこと製材部のご紹介

こちら製材部です

何十年ものあいだ山で生きてきた木を、
心をこめて心をこめて挽く。
一切を無駄にせず、
美しい木肌が匂い立つように。
木は柱になり、梁になり、床となって
人のいのちを守る。
ゆたかな森のおおいなる恵み。
木とともに生きてきた私たちは
木のもっている母のようなやさしさを
誰よりもよく知っています。

 

製材部


 

檜の集散地に恥じない仕事を

木曽谷の玄関口に位置し、檜の中でも最高級の東濃檜・木曽檜の集散地として古くから栄えた岐阜県中津川市坂下。昭和22年(1947)、製材会社・共和木材工業はこの地に産声をあげました。

昭和60年(1985)に建築部が設立され、工務店として新たな出発をしてからも、製材部は私たちが"誇り高き木のプロフェッショナル"であり続けるための、精神的支柱となってきました。

良質の檜が集まるという地の利に恵まれた私たちは、それだけお客様にも良い材料を提供するという責任があります。木の良し悪しを見分ける目、木のすべての部分を無駄にしないように挽く技、新しい技術を積極的に取り入れる先見性。それらのスキルを怠りなく磨きながら、檜の名産地の名に恥じない仕事をしていきたいと考えています。

製材部の仕事

共和木材工業製材部
東濃桧 木曾檜
共和木材工業製材部

 

共和木材の製材所