ページトップへ

製材所がある工務店 | 注文住宅 名古屋・岐阜

製材所がある工務店

共和の「いい家」製材所がある工務店

こんにちは、共和木材です。
木材という言葉が社名に入っていることからおわかりかもしれませんが、丸太の皮を剥がし、製材して材木をつくるところから家づくりをしています。

なぜそんなに手間のかかることをするの?とよく聞かれますが、自分たちで選んだ木を、自分たちで材にしてお客様のお住まいをつくるのは、ちょっと我が子をお嫁に出す気持ちにも似ていて、愛情のこもり方が違うように思うのです。

それなりに時間もお金もかかりますが、

  • 丈夫で長持ちし、長い目で見るとコストがかからないこと

  • 見えない所に手間をかけて使いやすくしてあること

  • 住み心地が最高に良いこと

 
この3つはどこにも負けない自信があります。

  家になる木を製材しています

 

愛着をもって住める家  
どうせ家を建てるなら、
愛着をもって住める家にしたい方。
 
 
国産の木と匠の技術で建てる、
本格的な住まいが欲しい方。
 
自分たちの暮らしに合った
住まいが欲しいと思っている方。
 

そんなみなさまの思いに丁寧に応え、住むほどに、使い込むほどに味わいを増す住まいをご提供することが、私たち共和木材の喜びであり、誇りです。

 

共和の家の材木はここで生まれています。

共和木材は昭和22年に、木曾谷の玄関口にあたる岐阜県中津川で製材の会社としてスタートしました。材木に関する豊富な知識と技術力を駆使して、“木の家なら共和木材”との定評を得てきました。

共和の家では樹齢70年以上の原木を厳選し、粗挽き人工乾燥、そして仕上げ挽きなど、品質を重視した工程管理によって、狂いの少ない高品質な製品に仕上げています。無垢の木は生きているため、割れや反りを生じやすいのですが、木の性質をよく知って適材適所の使い方をすれば、より強固に家を守ってくれます。

  

共和木材の製材所

丸太の皮むき

丸太の皮むき

丸太の丸挽き

丸太の丸挽き

 

製材部がある強みは、木を見る目と木を扱う技術力に加え、ムダがなく端材が出にくいこと。それは価格を抑えることや資源保護にもつながります。私たちはこの恵まれた環境を活かし、「木の目利き」である誇りを胸に"共和にしかできない家づくり"をしていきたいと思っています。

「木の目利き」である誇りを胸に   資源保護

 

 

共和の家のフォトギャラリーはコチラ↑

 

お急ぎの方は電話で!コチラをタップ!