ページトップへ

東濃桧採種園 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

先日、「東濃桧採種園」という施設を視察する機会がありました。
その名の通り、東濃桧の種を採る施設です。


もう少し詳しく言いますと、「東濃桧」をブランド化(産地銘柄化)するために整備された採種園で、選抜された東濃桧96系統の精英樹(せいえいじゅ)を母樹とした苗木を3345本を定植し、平成7年に開園しました。

 

現在では少し本数も増えて、3624本あるそうです。
1本1本に番号プレートが付けられており管理されています。


種が葉についている状態で、種子はこの殻の中にあります。


この殻の中から、いくつもの種子が採れます。
昨年、秋に収穫された種殻の1部です。


この3~4ミリの小さなものが、東濃桧の種です。


こうして採れた種を苗木にし、植林して、大きく育てて、後の世代の人達の家の柱や土台に使われたりするのです。

先の長い取組みです。


「住み心地いちばん 涼温な家」
  大河内建詞

 

 

体感ハウスで綺麗な空気環境を体験してみませんか?

詳細はコチラです↑住み心地をご体感ください^^

 

 詳しい資料請求はコチラからです↑

 

Facebook更新しています↑

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー