ページトップへ

立秋 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

先日 8月7日が“立秋”でした。

 

 立秋は二十四節気の一つで処暑までの期間の事です。

 暦の上では秋となります。

 夏至と秋分の中間にあたり、この日から立冬の前日までが秋になりますが、実際には一年で最も暑い時期です。

 

 立秋になっても梅雨が明けない場合は「梅雨明け」の発表はされなくなります。

 東北地方では「梅雨明け」なしとなる事が過去にあった様です。

 

 暑中見舞いは立秋前日までで、それ以降は残暑見舞いになります。

 今年は猛暑お見舞いに変更されてはいかがでしょうか。

 

畑は砂漠化しています。一日でも水やりを忘れたら枯れてしまいます。

私達も水分補給して、熱中症にならないように気を付けて、気温の下がる事を願うばかりです。

例年ならば「立秋」の文字を見れば涼しさを感じますが、今年はいつになるでしょう。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

 

 

 

健康快適な家「共和の家

詳しい資料請求はコチラからです↑

 

 

夏も冬も家全体が心地よい温度と湿度を保つ家

体感ハウスの詳細はコチラです↑住み心地をご体感ください^^

 

Facebook更新しています↑

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー