ページトップへ

名東区A様邸完了検査立会い | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

先週の水曜日は、名東区A様邸の完了検査の立会いをしました。

 

完了検査の内容は、設計図書を基に外部は、隣地間距離、開口部や軒の出など立面図との相違などを、内部は間取りの確認に加え、階段の巾や踏面・蹴上寸法、換気口の位置、火災警報器の取り付け状況、シックハウス建材の有無等を詳しくチェックしていただきました。

 

帰り際に検査員の方から「共和さんの建物は何時伺っても、桧の香りがして気持ちが良く、細部に渡り綺麗に出来ていますね。お客様の満足度も高いでしょう!」とお褒めの言葉をいただきました。

 

桧の良い香りがするのは、断熱材の内側に桧の構造材とTIPのヌキ材を沢山使用しているからだと思います。充填断熱では体感出来ない外断熱工法の強味です。

 

お客様の満足度と言うよりは、感謝の一貫として弊社恒例の社内清掃兼社内検査では、私を始め糸魚川常務、営業の井戸部長、現場監督の井戸課長、小木曽主任が心を込めて一生懸命行い、今回も良い汗を掻かせて頂きました。ありがとうございました。

 

外構工事も梅雨の合間をぬっての工事ですが、工事担当の高木さんが頑張ってくれて順調に進んでおります。

 

7月中のお引渡しまでもう少しお時間を頂きますが、A様よろしくお願い致します。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家

           (設計  坂井田環作)

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー