ページトップへ

「いい家を造る」 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

住宅建築で一番大切なものは『「いい家」が欲しい。』の著者、松井修三氏が言われていますように「基礎と構造と断熱」です。

そして、ここ数年言われ続けられている「空気」です。

弊社が建築します「涼温の家」は、ハウスメーカーの工場で大量生産システムとか、大多数の工務店が行っている外注工事と違い、外断熱工法のみを手掛ける熟練した職人さんたちの手により工事が行われます。

外断熱注文住宅を手掛けて20年近くになりますが、基礎工事をはじめとするすべての業種に携わる職人さん達は変わりません。

高齢化による職人の交代はもちろんありますが、それでも住宅の性能を若い人に伝え、引き継がれていきます。

日本古来の木造住宅は、その土地にあった工法と考え方で造られてきてきました。

1軒の住宅を建てるには、2年近く時間を費やし手造りされていましたので、完成して見えなくなってしまう部分でも、匠の技で手を抜くことなく工事されていたと思います。

だからこそ、何度もの自然災害に耐えて、古い住宅ですと100年以上経った今でも住み続ける事が出来るのです。

しかし、現在は造り手側の利益優先で、住まう人達のことは二番目になってしまう事が多いのが現状です。

そのために、弊社では「住宅は買うものではなく、建てるもの」を社員はもちろん、住宅建築に携わる職人さん達に伝え、現場管理者と共に、隠れてしまう所にも気を配るように心がけています。

当然住宅も生き物ですから、人間と同じように建物全体が呼吸をしています。

最近は外部の空気も汚れていますので、性能の良いフィルターを通して「きれいな空気」にしてから屋内に入れて、人も家も呼吸をします。

人も家も、いくら着飾ってもすぐにメッキが剥がれる様では、長いお付き合いが出来ません。

いい家とは「隠れてしまう基礎・構造・断熱の部分、そして空気の管理がしっかりと工事されている家」ではないでしょうか。

建築をお考えの方は、一度ご相談ください。

まずは現場見学を!来週末の18・19日完成見学会を開催します。

住宅の基本は何かを「マンツーマン」でお話させて頂きます。

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー