ページトップへ

ゼロエネルギー住宅 ZEH(ゼッチ) | 注文住宅 名古屋・岐阜

注文住宅ゼロエネルギー住宅
ZEH(ゼッチ)

ゼロエネルギー住宅 ZEH(ゼッチ)

 経済産業省資源エネルギー庁支援事業

大震災や、国際情勢の変化によるエネルギー価格の不安定化を受け、節電・節約の必要性が広く認識されるようになりました。一方で夏場の熱中症リスクなど、無理な節電・節約による健康被害が問題視されています。そうしたなかで「我慢の省エネ」ではなく、住宅性能と設備向上による省エネ、太陽光など自然エネルギーを活用してエネルギーを生み出す創エネの考え方に注目が集まっています。

国策として今も省エネ基準の義務化が進んでおり、2020年にはハウスメーカーや工務店が建てる家の半分以上が、さらにその上の省エネ基準に則った住宅になることが確実です。次世代基準の家。それがゼロエネルギー住宅ZEHです。

ZEH(ゼッチ)って何だ? ZEH(ゼッチ)

これからの住宅
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。高断熱化と高効率設備に加え、太陽光発電などでエネルギーを創ることで、一年間に消費する一次エネルギー量(空調、換気、給湯、照明)が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅です。

 

つまり

断熱

高断熱化を図り、エネルギーを極力必要としない住宅。

プラス

省エネ

空調・換気・照明・給湯のエネルギーの削減に努める。

マイナス

創エネ(太陽光等)

太陽光発電設備などで、エネルギーをしっかり創る。

概ね ゼロ

(断熱+省エネ)-創エネ≦0

 

国が定めるZEHの基準

基準は?

外皮平均熱貫流率(UA値)の基準

断熱

3地域
■長野県上松町など

ZEH基準  0.5
省エネ基準 0.56 
 

4地域
■旧恵那郡(坂下など)

ZEH基準 0.6 
省エネ基準 0.75 

5地域
■旧中津川市、恵那市など

ZEH基準  0.6
省エネ基準 0.87 

6地域
■名古屋市、東京都など

ZEH基準 0.6 
省エネ基準 0.87
省エネ基準よりも、さらに外皮性能を強化

 

省エネ 20%以上省エネ
省エネ基準よりも、設備も20%以上省エネ
 
創エネ(太陽光等) 75%省エネ達成でNearly ZEH、100%省エネ達成でZEH
「断熱」「省エネ」の基準を満たした上で、正味ゼロを目指す

 

ZEHを建てると国から補助金が支給されます

補助金額および上限額

補助対象住宅
  • 交付要件を満たす住宅

①一戸あたり 定額 75万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)

②蓄電システム
 1kwhあたり 4万円(上限、要件があります)


公募スケジュール(平成29年度)

公募開始:
一次公募 平成29年 5月15日(月)~ 平成29年6月  2日(金)17時必着
二次公募 平成29年 6月  8日(木)~ 平成29年7月23日(金)17時必着(予定)
三次公募 平成29年 7月  3日(月)~ 平成29年7月21日(金)17時必着(予定)
四次公募 平成29年 7月31日(月)~ 平成29年8月18日(金)17時必着(予定)


交付決定:
一次公募 平成29年 7月  7日(金)(予定)
二次公募 平成29年 7月31日(月)(予定)
三次公募 平成29年 8月31日(木)(予定)
四次公募 平成29年 9月29日(金)(予定)

公募について問い合わせる

 

ZEHビルダー登録加盟工務店
共和木材工業にお任せください

ZEHは基準を満たしたZEHビルダー登録工務店にしか建てることができません。もちろん、私たち共和木材も時代の変化に合わせた家づくりに積極的に取り組み、ZEHビルダー登録工務店として認可を受けています。ただし家の住み心地や、空気のキレイさは国が定めた数値だけでは決して判断することはできません。

素材、工法、技術、設計力など様々な工夫が必要です。私たち共和木材工業は、昭和22年(1947)に製材会社として岐阜県中津川市で創業し、昭和60年(1985)に建築部を設立。良質な国産材を使用した住宅づくりを名古屋、岐阜を中心に30年以上、住まわれる方の住み心地を第一に行ってきました。快適でエコな暮らしをぜひ、ご一緒に実現しましょう。

ZEHビルダー登録加盟工務店共和木材工業にお任せください

ZEH、共和木材に関する資料をご希望の方はこちら

ZEH、共和木材に関するお問い合わせはこちら