緑生い茂る山の色添え! | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

下呂市でT様邸の地鎮祭があり、国道41号線を高山方面に向かって走りますが、当然山並みばかりで、緑一色です。そんな緑の中にも一部色の変わった部分が見に入りました。

それは、ツブラジイの木に花が5月から咲き始めるためでした。

木全体にたくさん花が付くので、緑色濃くなった山の中にカリフラワー状のモコモコした樹木が出現することにより、当然見につきます。

雄花序は長さ8~10cmほどで、多数の雄花からなるようですが、臭気が強く最盛期には昆虫がよく飛来していると言われます。

車から見ているには問題有りませんし、秋の紅葉とはひと味違う山並みを見る事が出来ます。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

2019年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ