共和ダイアリー

大河内建詞 自己紹介へ

明けましておめでとうございます。

2022/01/06(木) 日々の事大河内建詞

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

年明け早々から新型コロナウィルスのオミクロン株が拡大しており、今後の予測が不透明な中、木材業界でもウッドショックの影響は徐々に収まりつつあります。

国産材につきましては、徐々に原木、製品共に今後は徐々に値下がり傾向に向かいそうです。

弊社でも、以前に比べ桧丸太の集荷もし易くなり、写真の様に製材待ちの丸太が大量にあります。


それに対して、住宅業界では昨年からの半導体不足による機器類の納期遅延や資材価格の高騰が収まっておらず、今後も値上がりが予定されている資材もあります。

今年は色々と不透明で不安のある年になりそうですが、共和木材でも今年は、住宅のさらなる住み心地の追求に加え、今まで以上に自社製材を持つ強みを生かしていければと思っております。

改めまして、今年一年よろしくお願い致します。


共和木材工業株式会社
代表取締役社長 大河内建詞

記事一覧|日々の事

2ページ (全139ページ中)

ページトップへ