共和ダイアリー

坂井田環作 自己紹介へ

天白区A様邸外壁検査実施

2019/11/26(火) 現場での出来事

今日は、天白区A様邸の外部足場解体前の検査をしました。

 

検査対象部分は、屋根材の汚れや傷は無いか、外壁タイルの欠けや付着汚れは無いか、破風や軒裏のガルバニウム鋼板の汚れや傷、軒や竪樋の金物の位置や緩みは無いかなどを検査して廻りました。

 

今回A様邸は、外壁タイルをボーダータイルから2丁掛けタイルに変更されました。

ボーダータイルは裏面にメッシュが張り付けてありネット状になっていますので約30センチ角に張り付けして行きますが、2丁掛けタイルは1枚ずつ張り付けするので、タイルや目地の通りが職人さんの技量に大変影響します。

 

また、目地込みをしないので、接着剤のボンドがはみ出さないように圧着の力具合も大変需要になります。

 

ポーチのアーチや開口部分の施工状態も丁寧に施工され、総合的に見て綺麗に仕上がっていました。

 

色もホワイト色でスペイン風の屋根にマッチしていました。

 

来月初めには足場が取れます、全貌が見えるのが楽しみです!

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温換気の家」

                            (設計  坂井田環作)

 

 

 

 

Facebook更新しています!

フェイスブックの写真

↑コチラをクリック!

 情報発信しています。お気軽にフォローお願いします!

 

 pinterest更新しています!

pinterestの写真

↑コチラをクリック!

体感ハウス・建築事例など更新しています!

記事一覧

1ページ (全369ページ中)

ページトップへ