共和ダイアリー

大河内建詞 自己紹介へ

ひのきフローリング

2020/10/26(月) 製材大河内建詞

共和の製材工場で桧の板をフローリング加工している写真です。

手前に見えるのが桧の乾燥した板で、奥に見える機械で加工しています。

フローリングの加工は綺麗な仕上りが求められるので、刃の切れ具合にも非常に気を使います。

その為、加工前の刃の調整が重要になり、何度も機械を動かして調整します。

そして、加工したひのきフローリングです。

触ってみると、とてもツルツルして何とも言えない気持ちの良さです。

ひのきのフローリングは、非常に足触りが柔らかく暖か味もありますが、傷が付き易いのが難点です。

それでも足触りの良い床材をお探しなら、検討の余地ありです!

 

製材屋が造る『涼温な家』
大河内建詞

記事一覧

1ページ (全376ページ中)

ページトップへ