共和ダイアリー

糸魚川貞人 自己紹介へ

換気について

2020/04/25(土) 糸魚川貞人日々の事

猛威を振るうコロナウイルスですが、室内の換気についてのお話しです。

 

現在の建築基準法で住宅には2時間で1回家中の空気が入れ替わる性能を持った換気扇を付けるように義務付けられています。

 

機械換気には第1種、第2種、第3種の方法があり、第1種は室内外への空気の入れ替えを機械で行う方法、第2種は室内への空気の流入のみを機械で行う方法、第3種は室外へ空気を流出のみを換気で行う方法です。

住宅に多いのは第1種と第3種です。

 

第1種ですと機器内に熱交換器が取り付けられており、冬季や夏季に換気による暖冷房エネルギー負荷を減らす事ができます。対して3種は外気がそのまま室内に流入するため室内の快適性は低下し冷暖房エネルギーも多く掛かります。

 

弊社で主に採用しているのは第1種全熱交換型換気機械です。

更に機械に外気が流入する前に別途フィルターを取付けますので、フィルターでろ過された綺麗な空気のみが室内に取り入れられます。

窓開け換気や第3種ではそうはいきません。

 

更に第1種換気機械にはバイパス機能もありますので、フィルターを通り抜けた綺麗な空気を熱交換させずに取り入れる事も可能です。

この機能の使い道は春や秋に家の中よりも外の方が心地よい時につかいます。

また、コロナウイルスやインフルエンザウイルス流行時にしっかりと室内の空気を入れ替えたい時にも良い機能です。

その際は換気量を上げて使う事をお勧めします。

涼温換気では給気も排気も居室へ行っていますので、換気の機械を稼働させていれば24時間空気を入れ替える事ができます。

もし一時的に窓開け換気をして空気を入れ替える場合は、ドアの隙間を目張りするとウイルス等が隣接空間に流れ込む事を抑制できます。

 

ひとえに換気といっても種類があります。

 

空気は食事よりも口にする事が圧倒的に多いです。

 

写真は新品のフィルターと1年使ったフィルターです。

いかに外の空気が汚れているかが分かります。

これが自分の口を通り肺に入る事を想像するとゾッとします。

 

 

愛知県、岐阜県、長野県、三重県で

注文住宅 外断熱 涼温な家

本社(営業・現場)糸魚川貞人

 

 

オンラインの打ち合わせ・見学も可能です↓

 zoomの画像

 

インスタグラムのフォローをお願いします↓

インスタグラム

記事一覧

1ページ (全373ページ中)

ページトップへ