台風対策工事 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

先日、岐阜県池田町のOBのU様から電動シャッターの取り付け依頼を受けました。

 

昨年は、1階と2階の南側に電動シャッターを取り付けさせて頂きましたが、今回は2階の残りの部分と北側のFIX窓に面格子の取り付けをさせて頂きます。

 

この工事は、年々巨大化する台風に備える為にシャッターの無い窓に物が飛来してガラスが割れないようにするためです。

 

工事を担当する文化シャッターの営業の方に聞いて見ると、昨年の超大型台風21号の影響で、既存窓のシャッター取り付けの需要が高まり、今でも工事の日程が組めない状態が続いているとの事でした。

 

最近では窓ガラスも2重ガラスや防犯ガラスなど割れ難くはなって来ましたが、

やはり物が飛んで来て当たれば簡単に割れてしましい、怪我をしたり家の中が水浸しになり悲惨状態になります。

 

シャッター屋の回し者ではありませんが、一度ご検討されてはいかがでしょうか?

 

これから本格的に台風の季節がやって来ます。

ご心配の方はご一報下さい! 取り付けが可能か調査に伺います。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

               (設計  坂井田環作)

2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ