今が旬の「宿泊体験ハウス」 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

今期の冬は暖冬と言われていますが、寒いが続いています。

本社が有る中津川市坂下町では毎朝氷点下ですので、室内環境を体感して頂く時期としては最高です。

私の営業トークの中で住宅は買う物ではなく、建てる物とお伝えしています。

なぜならば、大半の方は買い物するに当たり、靴なら「はき心地」・服なら「着心地」・車なら「乗り心地」と確かめてから決められると思いますが、住宅の場合は如何でしょうか?

人生において一番大きな資金を投資する住宅建築に当たり、実際に宿泊して室内環境を体験して、住み心地を確認されますか。

春と秋は室内・外とも気温の差も無く快適ですが、夏と冬は全く違います。

だから冬の室内環境を体感してこそ、実際の環境が体験できます。

住宅展示場へ行き、見学されて帰るときに北側へ廻り、室外機の台数をご確認ください。きっと皆さんはびっくりされると思います。

これだけのエネルギーを消費しないと、展示場の室内が維持出来ないのです。

「共和の家」ではエアコン1台で、温度差の少ない室内環境が実現できている事をお確かめください。

そのためにも体験宿泊して頂き床下から小屋裏と隅々まで、ご自身でご確認してください。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

 

2019年04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ