碧南市S様邸基礎配筋検査 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

今日は、碧南市S様邸の基礎の配筋検査を実施しました

 

この検査は、建前後の躯体構造検査や造作後の造作検査と並び、

建物の強度を左右する重要な検査と考えています。

 

検査は基礎の設計図を基に、鉄筋の太さや間隔、定着の長さ、

継手の位置や結束の状況等が図面通りに造られているか、

細部に渡ってチェックしましたが、特に指摘事項も無く終わりました。

 

S様邸は、鉄筋工事を服部鉄筋さんにお願いしましたが、さすがに専門職の仕事ぶりで、鉄筋の通りやピッチの精度も高く綺麗に配筋されていました。

 

これから内型枠を入れ、コンクリートの打設と工事は進みますが、まだまだ寒い日が続きますので、少しでも暖かい日にコンクリートの打設が出来る事を期待しております。

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

              (設計  坂井田環作)

2019年08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ