共和ダイアリー

井戸久義 自己紹介へ

香り漂う我が家!

先日、年次点検にお客様宅を訪問しました。

ハウスメーカーのように小まめにお伺い出来ないですが、新築後数回点検にお伺いします。その時に、ほとんどの方が「間取りや細かいところで“こうしたら

よかったなぁ”と思うところはありますが、この家にとても満足しています。特に今年の真夏の快適さはもちろんのこと、木の節、肌触り、香り“いい家だな

ぁ”と思わずにっこりしてしまいます。」とのお言葉。構造・完成見学会を開催した時も「木のいい香りがするね」と言われます。

こうしたお言葉を頂ける事は、岐阜県東濃地域からの産地直送住宅ならではだと思います。

 私達が建築させて頂きます「外断熱木造住宅・共和の家」は構造材を国産材にこだわり、土台・柱・間柱・筋交・窓台などすべて自社製材工場で加工した、

桧のみを使用しています。

現在の建築は作り手側の利益優先で、お客様の住み心地などは二の次になっています。

やはり私達日本人は、木の家に住み、木の香りがある中で暮らすことが「心豊かな人間」を作り出すのではないでしょうか。

住宅は出来るだけ国産材で建築し「住んでよし、香り豊かな木の住まい」が言葉だけでないことを実証するためにも、総檜造りを続けたいと思いますので、

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

記事一覧

1ページ (全375ページ中)

ページトップへ