この暑さでも快適に暮らせる家! | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

私達が手造りで造る「涼温の家」は、今年のように猛暑が続く日でも、家の中が憩いのオアシスのような、快適な室内空間が出来ます。

東海地方は比較的住宅用敷地が50~70坪位の広さがほとんどですので、建物が結構横に長く建築されます。

その為、住宅を冷房しようとしますと、エアコンを数台設置しないと建物内部に温度差が生じます。

ほとんどの住宅は、みんなが集うところ、使用する部屋のみを冷房しますので、ドアを開けて、違う部屋へ行きますと「ムワー」とした何ともいえない違和感を肌で感じます。

体感温度も人それぞれですから、冷房温度設定にも違いがあり、エアコンから吹き出すかぜを直接肌で感じることほど、嫌な事はありません。

また床に近いところほど、冷気が下がり足元が冷たく感じる住宅が多々あります。

これでは「住み心地のいい住宅」とは言えません。

温度設定も家族内でも違いがあり、統一する事は難しいと思いますが、一台のエアコンで快適な室内環境が出来れば最高の「いい家」ではないでしょう。 

お盆を過ぎて幾分涼しくなってきた日もありましたが、それでもまだまだ暑い日が続くようですので、快適空間を体感しに来て下さい。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ