蜂の巣退治 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

今日は、自宅の蜂の巣退治をしました。

 

ダイニングの東側のアルミサッシの障子枠に、足長蜂が直径4センチ程の巣を作っていました。

 

以前窓の結露軽減の為に樹脂製の内窓(型ガラス)を付けたので、直接中からは巣の状態は見えませんでしたが、蜂が集っているシルエットは薄々感じていました。(余り開け閉めをしない窓なので左程気にしていませんでした。)

 

また窓の外には朝日を避ける為、すだれを掛けていたので直接雨がかからない巣造りには丁度良かったのかもしれません。

 

そこで、早速蜂の巣退治用のスプレーを用意し、すだれの上から散布して1時間程様子を見ていました。

 

散布した時は巣に集まっていた5匹の蜂は全て駆除出来ましたが、その後数匹巣に戻って来ましたので、今度はすだれをめくって巣に直接散布してまた1時間程様子を見ましたが、完全に巣に戻る蜂がいないことを確認して巣の撤去をしました。

 

幸い巣がまだ小さかったので駆除も容易でした。

 

皆さんも一度家の廻りを点検されてはいかがでしょうか?

蜂の巣に限らず、思わぬ不具合が見つかるかも知れません。

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

               (設計  坂井田環作)

2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ