共和ダイアリー

井戸久義 自己紹介へ

建て方材料調達に奮闘!

2021/10/08(金) 井戸久義

先日もブログにも書きましたが、今年の春以降住宅の構造材として使用されている桁・梁材は、ほとんどアメリカからの輸入材です。

ウッドショックと言われるほど、コロナ禍の影響で輸入が減り各工務店、ハウスメーカーを含む建築業界は大変でした。

最近になり以前ほどではありませんが、供給量は増えていていますのでプレカット作業は進むようです。

しかし、今度は東南アジア諸国で製造されている構造用合板類が全然輸入されません。そのため、建て方ができない状態です。

建築様式も人材不足や短期間で完成させようよと変わってきましたので、2階の床組が40年以上前と違い、28mm前後の合板を全面に敷き込みます。

その合板がないと建て方ができませんが、弊社は自社で製材していますから、柱材を引いた丸太の外側で、ネタと呼ばれる材料を加工できますので、工事が止まると事はありません。

まだまだ、多方面から材料の問い合わせがきますので、建築業界はコロナの収束宣言が出ても通常に戻れるには半年以上必要ではないかと思います。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

 

 

 

 

 

体感ハウスの画像

体感ハウスの詳細はコチラです ↑

資料請求画像

資料請求はお気軽にどうぞ♩ ↑

フォトギャラリー写真

 共和の家の写真集です! ご覧ください 

 

 

 

画像

完成写真や建築中の動画を更新しています

画像

定期的に更新しています!お気軽にフォローお願いします

 

画像

完成写真など更新しています

画像

家づくりの情報など更新しています

 

お友だち募集中です

記事一覧

1ページ (全352ページ中)

ページトップへ