基礎の天端付け! | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

昨日は久しぶりに、基礎コンクリート打ちの立会に行きました。

木造住宅の場合は、水平・垂直が絶対条件ですから、一番最初の基礎工事で天端が水平でなければなりません。

自分が現場監督をしている遥か昔は、基礎立ち上がりの型枠を撤去後、左官屋さんにより、基礎の外側に木板を金物で挟み込み、モルタル塗りで水平になるように金鏝による作業が一般的でした。

しかし近年は、天端レベラーと言われるセメント溶剤を型枠に流し込むだけで、自然に水平になり硬化します。

 

どこかで見る機会がありましたら、ぜひ見学してください。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ