共和ダイアリー

元スタッフ 自己紹介

ペットの話

2011/07/30(土) 日々の事

ペットブームといわれて久しいですが、3人に1人は何らかのペットを飼っているそうです。
その中でも圧倒的な人気は「犬」と「猫」です。

田口家にもワンパクな2歳のミニチュアピンシャーが家族の一員として暮らしています。

しかしその一方で毎年殺処分される犬や猫の数は10万頭を超えています・・・
理由は「病気になった」「懐かない」「引越し先がペット禁止」などなど。

もちろん「迷子」や「飼い主が亡くなるなど飼育できる状況で無くなった」などの仕方がない理由もあると思います。

犬を飼い始めてから私たち家族も、旅行は行けない、散歩は毎日、エサ代はかさむなど、大変なことはたくさんあります。でも、その一方で何にも替え難い幸せ(言葉では現しにくいのですが)もたくさんありますけどね。

最近、知人・友人などから犬を飼いたいという話しをよく耳にするので私は声を大にして言っています。

何があってもそのペットを最後まで面倒見る「覚悟」が無ければ飼わないでほしい!

ペットの飼育に限らず、「仕事」でも「遊び」でも「恋愛」でもやっぱりそれ相応の「覚悟」は必要だと思いませんか?

動物愛護を議論しだせば深いテーマなので結論はなかなか見出せないかもしれませんが、私の持論としては肉も食べるし革製品も使うのですが、娯楽目的で飼育した動物を捨てるのは納得できないです・・・矛盾してるかも知れないですけど・・・

今日は家づくりとは距離のあるテーマでしたけど新築をきっかけにペットを飼育したいと思っている方々にも是非よく考えて行動して欲しいと切に願います。


外断熱でつくる「共和の家」
 名古屋営業所 田口雅彦

記事一覧|2011年7月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ