共和ダイアリー

坂井田環作 自己紹介へ

配筋検査と造作検査

2013/10/29(火) 現場での出来事

先週の金曜日は、岐阜市N様・K様邸の配筋検査を実施しました。

 

台風27号が接近する生憎の雨模様の中で、基礎工事をお願いした幸成商店の

西尾社長を始め作業員の方々が頑張ってくれています、お疲れさまです。

糸魚川建築部長と配筋の検査をしましたが、鉄筋径、ピッチ、定着や継手の長さ、

かぶり厚等全て設計図面通りで問題は無く、綺麗に組み上がっていました。

午後1時からのJIO(瑕疵担保保険 第三者機関)の検査の立会いも、

何の指摘事項も無く無事終わり、N様・K様にもお会い出来、報告する事が出来ました。

台風が過ぎれば、来週にはコンクリートが打設出来ます、

内部のゴミや結束線の屑など、清掃を忘れず安全に作業を進めて下さい。

 

そして、昨日は日進市K様邸の造作検査を実施しました。

 

名古屋地区専属の安藤建築さんに造作をお願いしました。

今回も安藤棟梁の息子さんが主に、作業をしてくれました。

厳しい目で見させていただきましたが、

細部に渡り、納まりを良く考え、丁寧に綺麗な仕事ぶりで、

期待通りの良い仕事をしてくれました。

 

きっと、K様にも満足していただけると思います。

造作検査が終わるといよいよ仕上げ工事が始まります。

 

完成まで、気を抜かず「いい家造り」に励みます、

K様引き続きよろしくお願い致します。

 

工務店が造る外断熱「共和の家」

          (設計  坂井田環作)

記事一覧|2013年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ