共和ダイアリー

今週月曜日、瀬戸市S様邸にて基礎の配筋検査が実施されました。

検査は、JIO(日本住宅保証検査機構)の検査員によるものです。

 検査項目は鉄筋の径、本数、継ぎ手部分の定尺長さ等々、設計図通りに施工が行われているか、細部まで検査対象になります。

一部指摘事項がありましたが、その場で是正し合格をいただきました。

次は自社による更に厳しい配筋検査です。

工務店が造る外断熱「SA-SHEの家
    (現場 小木曽一仁)

記事一覧|2014年1月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ