共和ダイアリー

井戸久義 自己紹介へ

準防火地域で使用する防火窓!

2018/06/08(金) お役立ち情報井戸久義

名古屋市内や少し建て込んだ地域では、火災時に隣の家などに延焼を防ぐため「準防火地域」とされる建築基準法で定められた地域があります。

一般住宅の場合、窓にはワイヤメッシュの入った「防火ガラス」を使用しなくてはいけません。大きな窓などでは防火シャッターを取付けする事で対応出来ますが、すべて防火シャッターで対応出来ないところも出てきます。

透明硝子にメッシュがありますと私的には外を見るときにメッシュは目に入り、抵抗があります。

しかし、弊社が建築に採用しています樹脂サッシメーカー「シャノン」より、網入り硝子ではない、クリアーな「樹脂製防火窓」が発売されました。

もちろんトリプルガラスです。

これからの家造りで色々なハウスメーカーや工務店を廻られ、住宅についての勉強をされると思いますので、「準防火地域で使用出来る樹脂サッシのトリプル硝子で網入りではない商品はありますか」とお尋ねください。

いい家を造る為には、窓の仕様が重要です。

ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

記事一覧|2018年6月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ