共和ダイアリー

井戸久義 自己紹介へ

梅雨時期の床下環境!

2021/05/28(金) 井戸久義

2年前にお引渡しさせて頂きました愛西市G様邸に訪問致しました。

G様は学生時代から本が好きで、知らず知らずに1万冊近くになり収納を悩んでいたとの事。

そこで「共和の家なら床下がいいですよ」と提案しました。

ちょうど基礎の高さを1mは上げたと言われていましたので、収納は出来ないことはないと思ったからです。

今年は例年より早く梅雨入りしましたが、共和の家の床下環境は湿気知らずで、書庫にとっては最高な空間です。

ほとんどの住宅は床下が湿気のたまる収納に適さない空間ですが、共和の家は床下も居室と同じ環境にしますので、本以外にお人形や布団なども収納できます。

湿気を嫌うすべてのものが収納できますので、一度確かめに来てください。

逆にワインとか、お漬物は乾燥しすぎて収納できません。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

記事一覧|2021年5月

ページトップへ