共和ダイアリー

坂井田環作 自己紹介へ

蟹江町S様邸完了検査立会い

2022/04/19(火) 現場での出来事

先週は、蟹江町S様邸の完了検査の立会いをしました。

 

完了検査の内容は、設計図書を基に外部は、隣地間距離、開口部や軒の出など立面図との相違などを、内部は間取りの確認に加え、階段の巾や踏面・蹴上寸法、換気口の位置、火災警報器の取り付け状況、シックハウス建材の有無等を詳しくチェックしていただきました。

 

今回は2名の検査員の方が見えました。一人は女性の方で新年度から新しく入社されたようで、年配の検査員の方に熱心に聞いていました。

 

検査は指摘事項もなく無事終了しましたが、検査をして頂く中で、室内に漂う桧の香りに大変興味を持たれたようでした。

 

 桧の良い香りがするのは、「外張り断熱材の内側に桧の構造材と弊社の製材工場で加工した、TIP用桧のヌキ材を沢山使用しているからです。」と説明をすると、納得して帰られました。

 

S様 16、17日の完成見学会はありがとうございました。

今月末のお引渡しまでもう少しお時間を頂きますが、よろしくお願い致します。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

               (設計  坂井田環作)

記事一覧|2022年04月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ