大河内建詞 自己紹介へ

木造リフォーム工事

木造民家の全面改装リフォーム工事が始まりました。

完成後は、1階が居酒屋、2階が居室になるリフォーム工事です。

 

写真は、ほぼ解体が終わった後の内部の写真です。
見ての通り、建物の外周部を残して骨組みだけになりました。

ここまでの状態にしてみると、色々と問題も出てきます。

例えば、梁桁を補強してから抜く予定の柱が抜けなかったり、あると思われていた基礎が無かったりと、リフォームならではの『予定外』が発生しています。

また、昔の木造建物では、現在の様に金物による補強もほとんど無く、それらも可能な限り補強をし、筋違いも少ないため、新たに入れたりと新築の様に簡単にはいきません。

そして、現在2階の床下地まで進んでいます。

工事は急ピッチで進んでいますので、順次お伝えしていきます。

 

「住み心地いちばん 涼温な家」
  大河内建詞

1ページ (全357ページ中)