愛西市G様邸外壁検査実施 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

先週は、愛西市G様邸の外部足場解体前の検査をしました。

 

検査対象部分は、屋根材の汚れや傷は無いか、外壁ボーダータイルの欠けや付着汚れは無いかなどを検査して廻りました。

 

G様邸は大屋根形状で下屋根と妻面の三角部分が多く、タイル張りの職人さんも切り物が多くて大変施工には苦慮したと思いますが、丁寧な仕事ぶりでタイルの浮きや割れ、ボンド汚れなども無く綺麗に仕上がっていました。

 

まだ樋の取り付けと軒裏の板金工事が施工途中でしたが、狭い場所などはヘルメットを着けていると前が見難く、仕上がった軒天を傷付けてしまうので、板金工の辻村さんも充分に注意を払い施工していました。

 

この調子で気を抜かず、最後までさらに安全に留意し工事を進めて行って欲しいと思います。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

           (設計  坂井田環作)

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー

ページトップへ