共和ダイアリー

小幡佳代 自己紹介へ

コルテオ

2008/12/25(木) 小幡佳代日々の事

名古屋公演はまだまだ先の2009年5月?ですが、チケットが取れた事もあり、今から楽しみでなりません(^-^)
初めてシルク・ドゥ・ソレイユの公演を見に行ったのは、2000年に公演されたサルティンバンコの時です。友人に「まとめて4枚チケットを取ると安くなるから」と誘われちょっと高いかも?と思いながら出かけたのがきっかけです。息をつく間もないアクロバティックな演目・生歌・生演奏・クラウンの演出、大興奮のうちに幕を閉じました。
当時は今ほど知名度もなく(←私が知らなかっただけかも・・・)、「誘われたから」くらいで期待していなかった分、私の中で反響が大きかったのかもしれません。
その後も、2003年「キダム」、2004年「アレグリア2」、2007年「ドラリオン」と続き、来年の「コルテオ」がやってきます。
残念ながら、キダムには行けませんでしたが、知人からDVDを借りて見ました。でも、やっぱり会場で見たい!!今考えても、なぜ行かなかったのかが不思議でなりません。
アレグリア2の時は、出入口のスクリーンのキャラクターに「チュロス食べてるの?おいしい?」と話しかけられました(^o^)どこでモニターしてるの???とキョロキョロ。
先日テレビを見ていると、日本人がツアーニクという演目に出演すると特集していました。会場には出演する人たちの国旗が立っているので(いるはず)、当日は忘れずチェックしてから入場したいと思います。興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

今年最後のブログも、「家造り」とは全く関係のない内容で締めくくってしまいました。半年間読んで下さった皆様、ありがとうございます。
来年こそ・・・いや、出来ないと困るので大きな目標はたてません(^_^;)また、読んで下さいね。

 
 
外断熱・注文住宅「共和の家」
  (事務 小幡 佳代)

記事一覧|2008年12月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ