共和ダイアリー

井戸久義 自己紹介へ

思い出の室内建具!

2020/09/11(金) 井戸久義

 

先月末にお引き渡しをさせて頂きました豊田市のK様邸は、建て替えの住宅です。

一年前に初めてお伺させて頂きました時に、以前古い建具を再利用した住宅があることをお話ししましたら、我が家も是非とのお言葉を頂きましたので、再利用することの出来る建具に合わせて、プラン提案をしました。

築70年以上経過している建具ですが、現在制作したら1本が数十万円すると思います。

そのため、解体工事前にそちらで保管しました。

取り付ける前に専門業者による洗いをしましたが、多少の傷は残ります。

和室境の板戸、廊下境の格子戸です。

建具寸法の高さが5尺8寸と現在の高さより20cm強と低いですが、あまり抵抗なく見る事が出来ました。

完成後訪れた親戚の方から「いいね」と言われたそうで、奥様も大満足とのお言葉を頂きました。

廊下堺の格子戸の障子がケンドン式で取り外しが出来、四季に応じて空気を取り入れるようになっていましたが、お客様はそのことを初め知ったとの事で、40年以上障子の張替をされていたそうです。

建て替えで全てを新しくするのではなく、既築の部材を再利用する事が、日本の建築の良さを後生に伝える意味でも、これからどんどん取り組みたいと思います。

 

 

共和木材が造る「住み心地一番 涼温な家」

営業部 井戸久義

 

 

 

 

 

体感ハウスの画像

体感ハウスの詳細はコチラです ↑

資料請求画像

資料請求はお気軽にどうぞ♩ ↑

フォトギャラリー写真

 共和の家の写真集です! ご覧ください 

 

 

facebookの画像

facebookも更新しています ↑

ピンタレストの画像

pinterestはコチラです ↑

インスタ

 お気軽にフォローしてください↑

 

 

 

記事一覧

1ページ (全374ページ中)

ページトップへ