共和ダイアリー

坂井田環作 自己紹介へ

安城市S様邸基礎配筋検査

2020/01/21(火) 現場での出来事

先週の水曜日は、安城市S様邸の基礎の配筋検査を実施しました

 

この検査は、建前後の躯体構造検査や造作後の造作検査と並び、

建物の強度を左右する重要な検査と考えています。

 

検査は基礎の設計図を基に、鉄筋の太さや間隔、定着の長さ、

継手の位置や結束の状況等が図面通りに造られているか、

細部に渡ってチェックしました。

 

今回は、深基礎部分も無く建物形状も複雑ではありませんでしたので、配筋も割と施工しやすかったと思います。

その分間違いやミスも起こりがちです。

 

井戸課長と基礎の立ち上がりの位置の確認を行いましたが、間違いもなく無く終わりました。

 

配筋をしてくれた西尾社長も手を抜かず丁寧な仕事ぶりで、鉄筋の通りも間隔も良く綺麗に組上がっていました。

 

その後、㈱日本住宅保証検査機構(JIO)の検査員の方にも詳しく検査をしていただきましたが、何も指摘事項もなく無事終わりました。

 

これから、まだまだ寒い日が続きますが風邪などひかないように、体調管理と安全第一で作業を進めます。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

               (設計  坂井田環作)

 

 

 

 

 

体感ハウスの画像

体感ハウスの詳細はコチラです ↑

資料請求画像

資料請求はお気軽にどうぞ♩ ↑

フォトギャラリー写真

 共和の家の写真集です! ご覧ください 

 

 

facebookの画像

facebookも更新しています ↑

ピンタレストの画像

pinterestはコチラです ↑

 

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全370ページ中)

ページトップへ