ページトップへ

名東区A様邸造作検査実施 | 注文住宅ブログ 名古屋・岐阜 共和木材

Diary 共和ダイアリー

先週の金曜日は、名古屋市名東区A様邸の造作検査を実施しました

 

この検査は、基礎配筋や躯体構造検査と並び、

完成時の仕上げを左右する重要な検査と考えています。

 

検査は設計図を基に高さや寸法が図面通りに造られているか、

造りや納まりに不具合が無いか、細部に渡ってチェックします。

 

納まりの良し悪しは大工の技量に大きく左右されます。

 

今回A様邸は奥様のお気に入りの製作家具や棚板など納まりに苦慮するところも沢山ありましたが、不自然な納まりも無く良く考えられ、綺麗に仕上がっていました。

「安藤棟梁の息子さんも腕を上げたな!」と感心しました。

 

これから仕上げ工事に入りますが、

きっとA様にも満足していただける仕上りになると思います、

出来栄えを見る竣工検査が楽しみです。

 

 

共和木材が造る!「住み心地一番 涼温な家」

        (設計  坂井田環作)

2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー